2015年12月05日

ハマシギだけど大泉

http://www.dentrangtrisaobang.com
テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道と答える方が多いでしょう。そうなるのも当たり前なのです。日本で水揚げされる毛蟹の産地は全て北海道なのです。日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。そこで本土でも色々な種類のかにが水揚げされる場所があることでしょう。ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランドで知られるように、鳥取産がおいしいことで知られています。産地直送の美味しい蟹をお取り寄せできる蟹通販。蟹通販をお得に利用しようと思えば、丸ごと購入するのが一番いいでしょう。脚だけのポーションの詰め合わせや、いわゆる訳あり蟹が一般に安価だと言われていますが、丸ごと買いも捨てたものではなく、サイズや品種によってはリーズナブルにお求めできるものが実は多いのです。何といっても、蟹の旨みを味わうためには蟹の風味を活かした茹で蟹ですよね。丸ごと茹でなら、蟹が持つ風味や味わいを損なわず、蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。通販によくある話ですが、かにを買うときも予想よりも大量のかにが届いてしまったという話を聞きます。かにを実際に見ながら買ったとすれば、買いつけのときは夢中でも、会計の時に現実を知って、買いすぎは未然に防げることでしょう。一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、ついつい気前よく注文してしまい、全部食べきるまで大変だったという話をかなりあり得る話なので、どんなおいしいかにでも、買って後悔しないようにしたいですね。他のかにと同じく、通販でズワイガニをさがすならば、カタログやサイトをよく見て、訳あり商品をチェックしてください。まず、訳ありの理由を見てください。大きさや重さが基準に合っていないものか、ちょっと傷があっても、食べられるような品ですから風味に問題があるわけではありません。それで激安価格なら、買わない手はないでしょう。自宅用で食べる分には文句なく、訳あり商品の購入こそ通の買い物ですよ。かにの種類はいろいろありますが、最もおいしいのはとしょっちゅう聞かれますが、いつでも、ズワイガニと答えています。ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多く地域で有名なかにばかりで、松葉ガニだの、越前ガニだの地域の名前入りのタグをつけたズワイガニは高水準のおいしさを味わえます。少々お高いのはブランド料だと考えてください。ブランド品のかには味噌もおいしいとすすめています。美味しい蟹をお得に買える蟹通販は、とても便利なものです。しかし、それを利用する上では、いくつか気をつけるべき点もあります。特に、旬のタラバ蟹を買いたい方は、値段や大きさ、それに新鮮さといった項目を忘れず確認しましょう。写真だけを見てもよくわからないことが多いでしょうから、写真に頼らず、説明文にも入念に目を通して判断しましょう。加えて、購入者から寄せられたレビューの評価も意外と参考になるので見ておきましょう。蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとしてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、身のボリュームも多い、大型の蟹です。夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であると言われます。幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。蟹通販を扱うWEB上の業者は年々その数を増しており、いつでも好きなタイプの蟹を注文できるようになりました。しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。業者を選ぶのにお困りかもしれませんね。蟹通販を利用する際には、必ずその業者に寄せられているレビューを確認するようにしましょう。とはいえ、全てのレビューがアテになるわけではありません。注意点としては、サクラを見分けられるようにすること、これに尽きます。サクラを見抜くのは簡単です。レビュー件数自体が少なく、「よかったです!」などの単純な評価が多く付いていたら、とりあえずサクラだと思っておけばいいでしょう。皆さんは、どこに注意してズワイガニを選んでいますか。ズワイガニというと、おそらく全体的な大きさと、脚の長さや太さを見て買っているのではないでしょうか。それだけでは不十分です。それよりも大事な点をここで知っておいてください。持ってみて重みは感じられますか?どんなに大きくても、さっぱり身がないという情けない事態になりかねません。重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。それは、第一には蟹の値段、届く量、また新鮮さを確認しておくこと。加えて、忘れてはならないのが送料です。少しでも得をしようと思えば、送料は必ず気にするべきです。蟹の場合は特に、かなり高い送料が設定されているところもあるので、見落とさないように気を付けてくださいね。送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。なお、基本的には送料の掛からないところでも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。

Posted by あちちはを at 20:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。